医療ミスで自信喪失。看護師を辞めた女性

私は皮膚科1年、内科外来2年、介護療養病棟2年の経歴の30代の元看護師です。
出産や夫の転勤等で転職歴があります。夫の単身赴任中はフルタイムで子供3人と暮らしていました。
現在は専業主婦です。

バルーン挿入時に出血が!

その患者様は、80歳代男性・介護度5・廃用症候群・高次機能障害の方です。定期のバルーン交換の際、私の手技ミスで尿道から出血させてしまいました。原因は、膀胱ではなく尿道にてバルンを開いてしまったからです。カテーテル挿入時、カテーテル内に尿の流出を確認したのですが、挿入が不十分だったようです。滅菌蒸留水をバルンに注入した途端、カテーテルからの出血を認め、すぐ蒸留水を回収しましたが、出血は次の日も続いていました・・・。

怖くてできない!自信を無くし退職

まず、ラウンドしていた主任看護師へ報告しました。その後すぐ、詰所の看護師長に報告しました。
私はミスをしてしまったことでひどく落ち込みましたが、上司から責められることはなく、「困ったな」という印象でした。
翌日、看護師長から「ご家族には、面会にいらした際に『こういうことがありました』とご報告しました。特にご家族からはクレームとかはありませんでしたからね」と伝えられました。
これは、責任をとって辞めなくてはならない、と思いました。完全に私ののミスで、患者様を傷つけたのは間違いありませんでしたから。
始末書を書きました。結果的に生命に関わることには至らなかったため、勤務を継続することでお返ししようと思いました。看護師長はじめ、周りの職員のフォローも心が救われました。しかし、それ以後はバルーンの挿入が怖くてできなくなり、結局それから半年もしないうちに退職することを決めました。  

看護師辞めたけど、復帰したい

患者さんには、白衣を着ている人間は全員医療のプロだと思われています。失敗などしないという信頼のもとに命を預けられています。こちらの立場からすると「まだ1年目だから」「この操作は初めてだから」と甘えがちになりますが、逆の立場になって自分が患者だったら、果たしてこの看護師に任せられるだろうかと考えながら勤務していきたいです。もし、失敗しても、すぐ報告することが重要です。傷は小さいうちに処置したほうが治りが早いですから。私はこの件で看護師として自身をなくし、バルーン挿入もできなくなりました。看護師を離れて2年になります。やはり看護師の収入は大きかったようで、家計が苦しくなってきています。最近、医療行為の少ない外来での復帰を考えています。やはり看護師の資格があるのに、もったいないという気持ちもあるので、自信回復させるためにも自分に無理のない業務ができる職場を探していこうと考えています。

悩める看護師・・・看護師辞めたい!

ページのトップへ戻る